知っていますか?いま話題の「五平餅」

こんにちは、クックパッド「トレンド調査ラボ」です。

レシピ数280万品以上(*1)、月間利用者数 約5,500万人(*2)が利用する日本最大のレシピサービス「クックパッド」には、日々、大量の検索・アクセスログデータが蓄積されています。

トレンド調査ラボでは、こうした検索データを分析できる「たべみる」というサービスを提供しています。

メニューや材料だけではなく、食材・地域・季節・食シーン(”誕生日”や”運動会”など)といった様々な切り口の検索状況もわかるため、生活者の真のニーズが可視化できる仕組みです。

今回は、「たべみる」を利用して、「五平餅」について分析を行いました。

なぜ、いま五平餅なのか?!

「五平餅」をご存知でしょうか?

五平餅とは、長野県木曽地域から岐阜県の東濃地域、愛知県の三河地域に伝わる郷土料理で、粒が残る程度に半掲きにした粳米(うるちまい)飯にタレをつけ、串焼きにしたものです。
「五平餅」のレシピはこちら!

クックパッドでは、2018年4月以降「五平餅」の検索頻度(SI値)が顕著にあがっています。

その理由のひとつとして考えられるのが、2018年4月2日にスタートした女優の永野芽郁さんがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜午前8:00)で、舞台となっている岐阜を象徴する郷土食として登場したためと考えられます。

2018年4月28日放送分では、俳優・豊川悦司さん演じる漫画家・秋風さんが「うんま(うまい)。これは真実の食べ物だ!」と五平餅を大絶賛しています。

クックパッドでも、2018年4月28日の検索頻度は前年と比べて約12倍以上と跳ね上がりました。

「五平餅」の日別検索頻度(SI値)の推移

1五平餅

4/12に第36話が放送された際には、「五平餅要員」という言葉がツイッターのトレンドワードに入り、SNSなどで「五平餅」に関する投稿が、一気に盛り上がりをみせたようです。

また、「たべみる」から年代別の検索状況を確認したところ、番組のメイン視聴者層と考えられる女性40代〜60代での検索頻度が高いことからも、番組の影響が大きかったと考えられます。

さらに、2017年の検索頻度を確認してみると、2017年12月1日と12月8日に一時的に検索頻度が高くなっていました。

これは、NHK・Eテレの子供向け番組で「五平餅づくり」が取り上げられていたことが影響していると考えられます。
その後、継続的には検索が伸びることはありませんでしたが、「半分、青い。」では、番組終盤まで出てくる「キーアイテム」となっているため、高い検索頻度はしばらく続くのではないでしょうか。

五平餅にもいろいろなバリエーションが!
どのような五平餅が人気なのか?!

五平餅とは、先述した通り炊いた「うるち米」を歯ごたえが残る程度につぶし、タレを付けて、串焼きにしたものです。

タレには醤油や味噌ベースがあり、クルミやゴマ、エゴマなどを入れたものや、山椒やニンニク、しょうが、唐辛子などをアクセントに使うこともあるようです。

また、わらじ型、団子型、きりたんぽ型などさまざまな形がみられます。
地域や家庭によって、代々伝わる味や形があるようです。

五平餅は、江戸時代後期には既にあったと考えられており、その起源にはいくつか説があります。
山の講(山の神様をお奉りする行事)のお供え物説、山の仕事をする人の携帯食・保存食説、五平さん考案説などがありました。
いずれも山里の暮らしを背景に生まれてきたと考えられます。

組合わせ検索データでみえてくる「五平餅」のスガタ

クックパッドの検索では、味の決め手であるタレについて検索されることが多くなっています。

「五平餅」と調味料との組合せ検索頻度を確認してみると、「味噌」や「醤油」のほかに、「くるみ味噌」「赤みそ」「白みそ」「八丁味噌」などが一緒に検索されており、タレのバリエーションの多さが面白く、地域色などもありそうです。

食材や調味料以外の組み合わせ検索では「フライパン」が多く検索されており、フライパンで手軽にできる簡単レシピが検索されやすいことがわかります。

また、「子供」も一緒に検索されており、子供のおやつとしても作られている可能性がみえてきます。

栄養価や腹持ちを考えた保育園のおやつとして、おにぎりなどが用意されますが、甘めの味付けの五平餅が出てきたら子供達も喜びそうですね。

「五平餅」との組み合わせ検索頻度ランキング(月別)

2五平餅

メディアに取り上げられることで、クックパッドでのレシピ検索頻度は影響を受けることが多く、そうした突然発生する食ブームも「たべみる」で垣間見ることができます。

また、”TVで紹介された料理” をお持ちのスマートフォンで手軽に見られるサービス「たべみるニュース」もご提供しています。

話題づくり、メニュー開発、売場作りのヒントなどにご活用いただけましたら幸いです。

たべみるニュースとは
*法人向けのプランもご用意しております!ぜひお問い合わせください。

このように、生活者の日々の料理に関する悩みを解決する手段として利用されているクックパッドは、その悩みの解決方法として生活者がどういったものを求めているのかを垣間見ることができます。

こういった事象を捉えて、すばやく打ち手を打つことができれば、ピンチをチャンスにかえることができる情報にしていただくことができます。

トレンド調査ラボ

クックパッドトレンド調査ラボでは、今後もクックパッドに集まるデータを、分析・活用することで、料理や食文化の面白さをお伝えしていきます。
データのご利用や企画でのご活用・コラボレーション等に関するご相談はこちらからお願い致します。

クックパッド トレンド調査ラボが運営するサービス:

食のトレンドが把握できるスマートフォンメディア「たべみるニュース
明日の食ニーズがわかる法人向けデータ分析ツール「たべみる

————————————————————————————
*1 レシピ数280万品以上(2018年3月末)
*2 月間利用者数 約5,500万人(2018年3月末)
*3 日本最大の料理レシピサービス「クックパッド」の検索・アクセスログデータを活用した、明日の食が見えるビッグデータサービスです。食材・地域・季節・食シーン(”誕生日”や”運動会”など)といった様々な切り口で分析を行うことができ、食品製造業・流通業・小売業の企業さまの多くにご活用いただいています。

カテゴリー: レポート, 最新情報